パートナーシップデザインオフィスとは

私たちの思い

私は医・歯・薬系および、東大・京大・阪大・有名私立大学の合格を目指す、いわゆるエリートと呼ばれるお子様を預かる専門塾・予備校で講師をしていました。
その中で、1000組以上の親子面接や懇談を経験し、導いた答えがひとつあります。
「子供の成績や情緒、ひいては人格や将来の人生に至るまで、その親子関係はもちろんのこと、それ以上に、夫婦の関係性が大きく左右する」ということです。

その後、子供を産み育てる中で、社会情勢が大きく変わり、子供を取り巻く環境も変容する中で、社会の弱い部分や夫婦の問題を最前面でかぶるのは、やはり子供であることを実証するようなニュースを聞くにつけ、心が痛くなる思いをしています。
2000年以降の虐待件数の大幅な増加や、ネグレクトによる子供の餓死が典型的な例です。

特に、経済状況の悪化が著しかった 2008年度から、配偶者間暴力が大幅に上昇したこと、また直接の暴力の被害だけではなく「面前 DV」の被害者は、弱者である子供たちであることが多く、大人になって以降も心理的影響が大きいことは間違いありません。
社会の情勢が悪くなると家庭に響き、家庭の乱れが夫婦間の関係性を揺るがし、子供たちに悪影響を及ぼすという歴然とした結果に、何か私に出来ることはないだろうかと思うようになりました。

一方では、心の整ったご両親に育てられ、豊かな環境で存分に子供時代を謳歌して、人生の素晴らしい面を見ながら明るい将来へ向かって育っていかれる子供達が確実に存在し、もう一方で、破綻した夫婦関係の犠牲となり、心理的・肉体的・経済的・社会的に抑圧されることを余儀なくされる子供達も存在している。

一見、相反する状況に見えますが、実は根源的な部分では一つの現象なのではないかという思いに至りました。
「その親御さんは、自分が愛されていると実感しているのか」
この1点の違いが、幸せな子供と、不幸を背負ってしまう子供を生み、逆にそこが整うことで、夫婦間・家庭内、ひいては親子関係が整い、不幸な子供は減るのではないかと思うのです。

夫婦は同じ根っこを持った運命共同体であると私は考えています。同じ家族内にいる子供も同じ根っこを共有しているので、良きにつけ悪しきにつけ、子供はその親の生きる方法や質により、性格や人格のみならず、人生も決まると言えるのではないかという思いが強くなる一方でした。

子供を育てるのは、両親であり、その両親の仲がうまくいっていると、子供への態度も自然と愛情があふれ穏やかになるのではないか。親子の関係は夫婦関係の延長線上にあるのは明らかなので、夫婦が自分たちの心と関係性を整えることで、子供に対していつも優しい父・母でいられるのではないか。

子供へ注がれる愛情は、父親や母親からですが、まずはその父親や母親こそ愛情が必要なのだ思うのです。川の上流から下流に向かって、水が流れるイメージで、上流である父親・母親こそ、たっぷりの愛を抱いてほしいと思います。

夫婦が愛し合っているからこそ、結果として子供へも愛情がたっぷり流れ、それが伝わり子が健全に育つということを、夫婦が実感することこそが、子供たちの幸せにつながるのではないか、と。

そこで、幸せな子供が生まれ、その子が幸せに育つためには、やはり親となる二人が、お互いを慈しみ合い、その関係性をきっちり学び、効能を知り、功罪を分かった上で、子を育てるというのが、子供たちの幸せに直結していると言えると思うのです。

そこで、私達は子育て期のご両親に向かって、自らの塾での経験を踏まえて、親としての夫婦のあり方、それが子供の人格形成に大きく関わり、ひいては心の安定・成績・学業・生き方にまで影響を及ぼすということをお伝えできれば、ひとりでも不幸になる子供を救えるのではないかという思いで、このパートナーシップデザインオフィスを起ち上げました。

夫婦のより良い関係性を学んだご夫婦が、ご自分たちの生活を鑑み、人生を見直すことで、より幸せな家庭生活・家族生活を確立できると確信しています。

そして、結婚に至るまでの若い方々に、「結婚というもの」を学ぶ場を提供し、自分の育った家庭以外の「理想の結婚像」を自らが描くことで、素晴らしい結婚をしてほしいと強く願っています。

自己紹介

はじめまして。坪井美佐と申します。
今年で47歳になります(●^o^●)
47年生きてきて、3度、人生の矢印が見えました👀
その矢印が何だったのか、お知りになりたい方は、
少々長い自己紹介にお付き合いください( *´艸`)

1970年 兵庫県生まれ
小4 英語を習い始め、
小6の卒業アルバムに「翻訳家になりたい」と書く
1986年 公費留学
1989年 大学入学直後、主人に出会い一目惚れ♡
ここで一本目の矢印が見えました!(^^)!
この人に出会うために生まれたんだ!と直感したのです♡
1993年 リクルート入社
先輩と医歯薬・国公立・難関私立大学のみ対象の塾を創設
入塾試験なしの個人塾にもかかわらず、驚異的な数の国公立大・
医学部合格者を輩出。「マジック」と呼ばれる。
在塾期間中に、親子面接で1000組以上の親子と懇談。様々な親子・
夫婦関係を見る中で、理想の夫婦像・親子像のイメージを確立させる
この頃、教えることが天職だと思っていました。二本目の矢印です。
1996年 結婚
2003年 イギリス留学 大好きなアンティークと紅茶の勉強をする
2004年 長女妊娠・出産
この頃から、ママ友などに「なんでそんなにラブラブなの?」
「秘訣を教えて」などと聞かれ、お茶会やランチ会、サークルで
ボランティアの講演等を始める。
2007年 翻訳コンクールにて優勝
医療翻訳業務委託を開始。
「翻訳家になりたい」という小6の夢が叶う(*´▽`*)
2009年 国立国会図書館の医療書籍のタイトル翻訳を請け負う
2010年 長男出産
2013年 主人のブログ
「奥さんとラブラブならキャンプも人生も10倍楽しい!」
が出版化される話が出てくる→大人の事情で出版かなわず(:_;)
2014年 夫婦ラブラブで世の中の役に立とう!と決意する(^O^)/
パートナーシップデザインオフィス設立
「いこま婚育プロジェクト」起ち上げ、生駒市の支援団体に
ラブラブ夫婦を1組でも多く輩出することこそ、
自分が世の中のためにするべきことだと思う!
ただいま、3本目の矢印に沿って、驀進中です(*^^)v
2015年 NPO法人日本結婚教育カウンセラー協会 アドバイザー認定資格取得
2015年 読売テレビ「関西情報ネットten.「シェフvs主婦料理バトル」出演
完全勝利したのをきっかけに、その時に考案した地元生駒の食材を
6種類盛り込んだ「生駒丼」で、地域創生活動をしようと決意。
「生駒丼普及委員会」を起ち上げる。
2016年 生駒市教育委員会 教育委員に就任。
教育を通して、輝く人を応援したい!と頑張っています(*^▽^*)

夫婦紹介

平成元年4月、大学入学後すぐ、京都御所のテニスコートでのテニスサークル見学会で、妻美佐が夫秀樹に一目惚れ。この人と結婚したいと強くインスピレーションを感じ、即日、猛アピール。3か月後の天神祭で初デートをして以来29年間、ラブラブは続いています。   そして、付き合って8年後、秀樹の単身赴任中に念願かなって結婚!ふたりの母校のチャペルで挙式を挙げ、ただ今新婚21年目のラブラブ夫婦です。
ラブラブだと、毎日がhappy。でも世の中には、そうじゃない夫婦のなんと多いことか・・・子供ができて、ママ友やご近所のお友達に「なんでそんなに仲が良いの?」と聞かれ、答えているうちに、我が家に人が集まって、どうしたら夫婦ラブラブになれるか、とか、ラブラブだと何がいいのか、なんて話していました。そのうち、あの子にも話してあげてくれない?とか、ここでも話してくれない?とかいう要請を受けて、ボランティアで友人の友人の集まりや、子育てサークル等でお話させてもらうことが多くなりました。
そこで私達は考えました。私達がなぜ、ここまでラブラブでいられるのか、ラブラブの効能はなんなのか、夫婦がラブラブでいるには、なにか秘訣やコツのようなものがあるのではないか。ラブラブに戻りたいご夫婦がたくさんいるのではないか。
毎朝、ふたりでラブラブミーティングを繰り返し、そうして辿り着いた答えを、世の中の皆さんに広くお伝えすることで、一組でもラブラブのご夫婦が増えることを、心から願い、「夫婦ラブラブセミナー」を開催するに至りました。

会社概要

会社名 パートナーシップデザインオフィス
代 表 坪井 美佐
住 所 〒630-0131
奈良県生駒市上町1069-8
電話番号 090-9091-4789