前回の続き「こらっ、約束が守れてないやろ!プンプン

2度目なので、息子を叱りました!

こんにちは!

家族ラブラブなら人生は10倍楽しいのgenkiです!

小1起業家を我が家でもやってみました

はじまったきっかけ その1は ➡ こちら

商売繁盛の その2は ➡ こちら

息子は営業の天才か その3は ➡ こちら

「こらっ、空き缶捨ててないやん!」

約束では、ビールの空き缶をつぶして、

翌朝に外のゴミ箱に捨てるまでが息子の仕事です

今朝、息子が学校へ出かけた後に空き缶が机に残っていました

2度目なので、叱ることにしました

「ええか。きちんと約束したことが守れないと

お客様から信用をなくすぞ。ちゃんとお金もらってるんやから」

「わかった。ごめん」

翌朝、玄関見たら・・・

こんな風になっていました(笑)

「これやったら、絶対に忘れへんやろ!」

「そうやな!えらい!」

問題にぶつかったら、子供なりにいろいろと考えるんですね

「はい、お待たせ!納豆キムチです!」

「梅干しはサービスです!」

うまそ!見栄えも良くなってるな~

今夜もいっぱいやっていくか(笑)

そして、またまた不良在庫問題が・・・

「パパ~、キムチが賞味期限が切れた!」

「え~っ、まあパパは全然気にしないけど、

キムチはすっぱくなるんよな。どれどれ」

「で、どう?すっぱい?」

「だいぶと酸っぱいな」

「どうしたらいい?パパ、納豆キムチにしてみたらどう?」

「ん~納豆とまぜても酸っぱいやろうなあ」

「どうしたらいい?」

「キムチは、炒めたらいけるで。豚キムチとか」

「あっ、それやったら、ベーコンがあるから炒めてみるわ。パパ、買ってくれる?」

「お~ベーコンキムチは食べたことないな。楽しみ!」

うまいもんやな

「できたで!パパ!」

お~っ、うまそう!

なかなかいけるな。ベーコンキムチ(笑)

「これなら、すっぱくないな。美味しい!」

「これで、賞味期限切れたやつでも大丈夫やなパパ!」

「そう、いろいろと考えるのは大事。やけど、わかったやろ?

いっぺんにいっぱいの種類を仕入れたらあかんで。

もしくは、余らないようにおすすめしないと」

すると横からママが

「残りそうなものとか売りたいものをもっと営業したら?

おすすめメニューを作るとか」

翌日、ママの仕事がまだ終わってなかったので

それまでに、ちょっと飲み屋大ちゃんへ(笑)

早速おすすめメニューができていた

字は汚いが(;^_^A

「お~っ、これコスパ高いやつやん。ちょうだい」

「はい!まいどありがとうございます!」

気合入ってるな~

作ってるとこ写真を撮ろうと思ったら

「パパ、メニューは秘密やからキッチンに来やんといて」

と撮影を拒否されました

「秘密なんはメニューやなくてレシピやけどな、大将!」

「あっ、それそれ!」

「はい、お待たせしました!マヨネーズ付です」

「このお皿も、俺がおつまみ用に買ってきてん!パパが喜ぶかなと思って」

「へえ~っ、このために?ありがとう!」

どんどんグレードアップするね。いいね、いいね!

家庭内居酒屋!

こりゃ、滞在時間が増えるわ(笑)

ちなみに管理の方は、手書きで計算していましたが

ぐちゃぐちゃになってきたので(;^_^A

iPadでやらせることにしました

小3なので、自分で計算をしっかりとやらせるのも必要なのですが

あくまでも楽しくやるのもコンセプトの一つなので

「仕入れ」と「売上」の項目を入れさせました

「ウインナーキムチ」「カルパス」なども(笑)

この辺りは、さすがに現代っ子

楽しんでるし、慣れたもんです

そして、毎日、仕入れや売り上げがあるたびにデータを入力させました

日々の集計もわかるし、月別の収支、売れ筋などもデータでわかります

今後は、データの活用の仕方も教えていきます

息子本人は

「もっとメニューを増やしたいし、ワインも売りたい!」

と、意欲満々です

最近は、仕入れのための現金がいくらあるかを常に考えていますし

この前100均でもう一つ財布を買いました

「商売用のお金」と「使ってもいいお金」と分けるようです

「投資」と「消費」を分けるんや

親よりも、よくできてるやん(;^ω^)

 

「小1起業家」の話はいったん終わりです

少しでも息子がお金のことがわかればいいかと始めたこの試み

予想以上に、子供にいろいろなことが起こり

そのたびに、子供とキャッチボールをしながら子供も考え、学ぶことができました

お金、仕入れ、利益、キャッシュフロー、

在庫管理、不良在庫、売れ筋、セット販売、値引き、サービス、見栄え、・・・

そして「かせぐ」ということ

どこまでわかったのか、そして覚えているのかは正直わかりません

でも、そんなことよりも、何よりも、親子でやっていてめちゃめちゃ楽しい!

息子が飽きるまでやり続けたいと思います

娘も何かやりたいと言ってますしね(笑)

各家庭ごとに、いろいろなやり方、工夫、気づきがあると思います

特にパパさん、ぜひとも、やってみてください!

この分野はパパさんの出番です

もっともっと子育てにパパさんが関わりましょう

超おすすめします!

また、新たな展開があるようでしたら続編を書きます。

 

でも、やっぱり一番の「子育て」は夫婦ラブラブ、家族ラブラブだと思います