前回は、 「息子にナイフを与える」  でしたが

今回は、いろいろな火のつけ方を教えてみました

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる

前回のナイフと同様に、火も使い方によっては危ないものです

火傷をしたり、場合によってはたくさんの人を殺す道具にもなります

でも、それを危なくないように使える方法を教えることが

親(特に父親)の役目だと思います

もともと、火は生活になくてはならないものです

食べ物の煮炊きや、寒い時に暖をとる、暗闇での明かり。

何よりも火を見ているとホッとするし、周りに人が集まってきます

今回は、この3つの方法を試します

①ライター
②マッチ
③ファイアースターター

その前に例によって、約束をします

・水を用意すること

・パパが居ない時に絶対に一人でつけないこと

・顔を近づけないこと 特に火がつかなかったときも

今まで、さんざん焚き火の用意や火の番はさせてましたけどね

やっぱり、何もないところから、火をおこすというのは責任持たないといけません

まずは、ライターです

ロックを外して、押す

なんの問題もありません(笑)

続いてマッチです

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
最近の子は、マッチを見る機会もありませんからね

息子も初めて見て、触ったので、早くやりたくてうずうずしてました(笑)

最初は失敗するかなと思ったら

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる

一発点火でしたね

ちょっとおもろないテヘッ

そしていよいよファイアースターターです

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
正直、これは息子には無理で、私が点けるのを眺めて

「お~っ、パパスゲー!」

と思わせるだけのためです(笑)

仕組みはというと

①落ち葉等の燃えやすい物を用意します

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
②この棒をこの道具で削ります これがマグネシウムできていて

落ち葉の上にマグネシウムの粉が振りかけられます

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
③先ほどの棒に、今度は削るのではなく勢いよくこすりつけて
火花をおこします

④その火花を、マグネシウムの粉に引火させて点火します

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
(後で動画がありますので、それを参考に)

「お~っ、パパスゲー!」

となり 「俺もやる」

そりゃ、さすがに無理ちゃう?

でも、まあやるだけやってみいや

まず麻ひもをほぐして、その上にマグネシウムの粉をけずって

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる
ここまではできるのですが、なかなか火花がおこりません

息子にいろいろな火のつけ方を教えてみる

しかし、うちの息子はあきらめません

どうやったら麻ひもが燃えやすくできるか

どうやったら火花が出やすいか

どうやったらマグネシウムの粉が削りやすいか

角度か? 速さか?

ということを必死に考えます

何十回とやってるうちに、とうとう火花が出るようになってきました

もしかして・・・麻ひもよりも燃えやすいティシュにしてみました

その結果は
動画をごらんください

なんと、点火しましたね

いやびっくりしました

この喜びよう、そして目の輝きよう

そうそう、このキラキラした目を見たくてやってるんやよな

たかが火をつけるだけなら、ライターで一発ですもんね(笑)

さて、次は何して遊ぶかな!